リップル XRP投資女子部

リップル(XRP リップルコイン・仮想通貨・アルトコイン)を男女5人でスタート★損したり得したりしてます♪

2017最新版!リップル取引所ランキング

2017年5月から価格がはねあがっているリップル XRP 。このブログをかいている時点で価格がすでに「9円(5月)→50円→35円(8月)→19円(9月)」へと一時300%越え。現在価格が値下がっているのでかなりお買い時です。

リップル業界では「5・6月参入者は高値掴みで損してるなw 7月以降参入は安くリップルが手に入ってうらやましい」といわれています。

●リップルコインを円で買う具体的な方法
海外取引所は多いのですが、日本円を入金して買える取引所はまだ多くありません(何か所は閉鎖されました)。
当ページでは日本語OK、日本円を入金して安心楽々でリップルを買える取引所をごしょうかいしますね♪

日本円OK!XRPリップル取引所おすすめランキング

(1位)コインチェック・coincheck

リップル以外でも、ビットコインはもちろん他のアルトコインが数種類かえる。画面もレートも見やすいので初心者さんにおすすめ。

私が使ってみた感想 XRP

私が一番最初に口座開設した取引所。2017年5月9日にサーバーがダウンとマイナスな噂もありましたが、その後改善。 2017年9月のビットコイン10万円大暴落のときもサーバーダウンすることなく一安心(ホッ)。

※ちなみにこのとき3位zaifはサーバーダウンで管理画面ログインすることすらできず(;;)

現在は国内最大級のビットコイン取引所になりました。

▼実際のトレード画面:私は2017年5月17日ビットコインデビューしました♪
コインチェック 取引画像

グーグルの2段階認証をつかえばセキュリティ度アップしますから必須(リップルコインが盗まれた等トラブルがあった方はこの2段階認証をしていない方がほとんどです)

コインチェックだけ!100万円まで不正ハッキング補償

不正ハッキングによる送金&出金は100万円まで補償(条件あり)してくれるので安心です♪

登録申し込み後、即日すぐにリップルが買える

身分証明書は画像でアップロードなので即日。本登録が完了すると日本円から入金してリップル購入までは即日できます。その後の利益確定後の「日本円出金」は自宅に住所確認郵便がとどくまでできません。

▼この葉書が届いたら出金OK
コインチェック確認葉書

住信SBI銀行口座があれば、円入金はすぐに反映

平日夕方6時に私の住信SBI銀行からおかねを送金。10分後には「入金を確認しました」とのメールが到着。かなりスピーディです。

※コインチェックの振込先銀行口座はSBI以外に変わる場合がありますのでご注意を。

円入金は無料♪

口座開設&口座への入金は無料(銀行振込手数料のみ自己負担)。利益確定した円を出金するときの手数料もお安い。この出金手数料も一律400円だけです♪ 

>>コインチェック公式
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

(2位)ビットバンク・bitbank

ビットバンクは売買差額(スプレッド)がないかわりに、取引手数料を0.25~0.7%ほどとっています。ただいまリップル取得キャンペーン中!

>>ビットバンク公式
bitbank.cc 新規口座開設

3位以下のリップル取引所

●東京JPY発行所

ランク外にした理由:東京JPY発行所

イィと思って1か月使ってみたのですが、システムが古いし、別でウォレットをつくる必要があったりと手間だったのでやめました。

私が使ってみた感想:東京JPY発行所

◎買値レートがコインチェックよりも安く設定されていることが多いです(リップルは取引所によって金額が違うのが普通です)。そのかわり売値はコインチェックより同じか安いことが多い。

なのでおすすめ方法としては東京JPY発行所でリップル購入→コインチェックで円に換金ですね。

Xサイトがコインチェックよりも使いにくい。口座にあたるリップルウォレット(GateHab)は全部英語です。ネット&英語サイトが苦手な方にはハードル高いでしょう。

X人手が足りていないのか、古い情報がそのままページにのっていて混乱する。 X円出金手続きが、東京JPYとゲートハブの2度手間の手続きが必要でメンドウ。さらに出金手数料も500円~とかなりお高い。

ripplexrp.hateblo.jp

●ミスターエクスチェンジ(旧・ミスターリップル) Mr. Exchange

ランク外にした理由:Mr. Exchange

「ミスターリップル Mr. Ripple」は2017年9月から「ミスターエクスチェンジ Mr. Exchange」へと名前変更になった取引所です。

私の投資仲間・サト君がまだMr. Rippleだったころに登録。しかし登録完了までに1か月弱かかり、サポートがダメダメでしたね。

それから一時期「ミスターーリップルを使っていたらハッキング被害、不正送金されて資金盗難にあった。」というツイッターが話題になりました。 今でも未解決のようです。評判・安全性をトータルでみて使うにはちょっと怖いなと。サト君も登録はしたものの怖くて使っていないそう。私も申し込みはやめました。

口座登録すると77リップルもらえるキャンペーン中でしたが安心して使えないのは本当に残念(;;)

●クラーケン・kraken

ランク外にした理由:kraken

2017年8月から日本円から直接Ripple購入できなくなりました。一度日本円→BTCC→XRPと間にビットコインをはさむ必要があります。

つまり手間をおしまなければリップルも購入可能。管理画面はシンプルで見やすいです。

>>取引所 Krakenを使った感想

基礎知識:リップル取引所あるある

登録申し込みから入金するまで期間

取引所によって期間がちがいます。一般的なパターンをおつたえしますね。

身分証明書をアップロード後、数日で「本登録確認しました」とメールがきます。その後自宅に書留で「防犯コード」がとどきます。そこで初めてリップルを買う事ができます。 私の場合は1週間かかりました。な、ながかった (>ω<、)

円入金はすぐにされないので注意

・即時反映されないのが普通です。スピーディではないので買うタイミングをのがしたくなかったら数日前には投資金を口座にいれておくべき。
・私の経験で一番はやかったのは1位でおすすめしているコインチェック。なんと入金してから10分後即反映♪
が、入金作業は社員が手作業で確認しているとおもわれます。コインチェックでも混雑しているときは反映まで丸1日かかる時も!

日本の取引所は海外取引所より安心感あります

2017年4月から不正詐欺やマネーロンダリング防止目的で、日本での口座開設は身分証明書の提示が必須となりました。私はコインチェックと、東京JPY、クラーケンでアカウントをつくりました。どこも取引口座をつくるまでのハードルがかなり高いぶん、安心してつかえます。

口座開設に必要なのは身分証明書(免許証・パスポートがベスト)

必須なのが銀行口座開設とおなじように「写真付き身分証明書」++「身分証明書をもった自撮り写真」。追加で「公共料金の領収書(住所確認)」を求められる場合も。 それから後日自宅に住所が偽れないように書留でハガキがおくられてきて完了となります。

ここまできてや~っと、リップルの売買ができるわけです。いや~大変!

※コインチェックのみ葉書が未着でもリップルを買う事はできます(2017.8現在)

気になったらとにかく無料登録!!

仮想コインの取引所は、2017年現在はどこも少人数経営。リップルブームがまきおこって口座開設が殺到すると、本登録や入金反映などすべて遅くなってしまいます。

リップル取引所の口座開設はどこも無料です(海外・国内共)。 ただリップルウォレットを使っている取引所は維持費として20~50XRPを口座からうごかせなくなります。
・1位のコインチェック、2位クラーケンは維持費もなくすべてのリップルを出金&換金することができます。これは助かる!

・番外の東京JPY取引所はリップルウォレットを使用しているので約50XRPとられます。

「リップル、やりたいな~」とおもったら、とりあえず公式サイトから本登録しておくのがおすすめですよ(^^)

>>維持費無料のコインチェック公式

上級者!海外リップル取引所

ここまでは国内のリップルコイン取引所について紹介してきました♪
つぎに海外にあるリップル取引所についてです。

・海外取引所は円入金ができません。

すべてビットコイン建となります。まずは国内コインチェック取引所で交換したビットコインを海外取引所のアドレスに送付してやっと使うことができます。

・身分証明書不要!メールアドレスだけで取引OK

国内規制がないため身分証明書不要・メールアドレスがあればすぐに取引がスタートできます。ただし1日に$2000相当以上の出入金ができないなど金額規制があります。リミッターをはずすためにはやっぱりパスポート等の身分証明書が必要となります。

海外には大小ふくめて取引所が無数にあります。今回は私が実際にアカウントをとって使用している取引所だけをご紹介しますネ★

ポロニックス取引所 POLONIEX 

ポロニックス(ポロニエックス)は手数料もやすく一番ポピュラーな海外取引所です。ネット上では「ポロ・POLO」と略称でよばれています。
リップルXRPの流通量もおおく取引に有利です。

>>POLONIEXを使った感想

ビットトレックス取引所 BITTREX

ビットトレックス(ビットレックス)は2017年になってから一気にメジャーとなりました。リップルXRPのほかにも、新しいアルトコイン追加が多く人気となっています。

>>BITTREXを使った感想

海外リップル取引所の注意

●日本円は使えない。ビットコインBTCを入金してからリップルXRPに交換するという手間が必要。

●サイトはすべて英語

●サポートはあまり期待しないほうがよい

●ハッキング被害が多いため、2段階認証が必須(2段階認証の意味がわからないかたは使わないほうがよいですよ~)

1リップル(XRP)は100円まであがる!?

リップルがどこまで上がるかは未知数です。「2017年末までに1リップル=100円まであがる!」という人もいれば「50円が限界じゃないか?」という声も。 (実際5月に一度、1リップル約50円までいきました。私は欲をだして45円で買い増しして失敗。50円で利益確定しておけば~と後悔しています;;)

ハッピーな予想どおりになれば。8月のレートで1リップル21円~を推移していますから、どちらにしても倍以上の価値がつくことになります♪ 

●1RIPPLE=20円で買った場合例
30円になれば1.5倍! 3万円投資→4.5万円 5万円投資→7.5万円 
50円になれば2.5倍!3万円投資→7.5万円 5万円投資→12.5万円 
100円になれば5倍! 3万円投資→15万円 5万円投資→25万円

夢はふくらみますね。 個人的には宝くじよりよっぽど割合たかいんじゃないかな~っておもってます(≧▽≦)

 2017後半~2018年からは銀行も参入☆より仮想コイン使う人が多くなる

2017年10月ごろからはSBIグループが海外送金のかなめとしてリップル(仮想通貨)の取り扱いをスタートさせる予定。

かなり便利になるでしょうね。

初心者マークのためのリップル用語集

リップル初心者さんが知っておいて損はないリップル用語集です。リップルに限らず仮想通貨はネットやツイッターで情報がとびかいます。そのため初心者さんに理解できないネットスラング(ネット隠語)があるんですよ。 お暇な時にでも読んでくださいね(^^)

リップラー
XRP・リップル所有者。保持者。

ビットコイナー
BTC・ビットコイン所有者。保持者。リップラーの対局にあるとしてよく比較される。

ムーン
価格が月にあがるように暴騰(ぼうとう)すること。

ボッキ
ムーンと同意。価格が急激に上昇すること。さらに上がると“フルボッキ”となる。

ガチホ
“ガチでホールド”の略。上がっても下がってもずっとコインを持ち続けること。

億り人(おくりびと)
仮想通貨で億を達成したひとのこと。NHKニュースでも特集された。

+ + +

*当ブログのご注意*

・仮想通貨は銀行預金とはちがいます。元金保証はありませんので最悪なくなってもよい余剰資金で楽しんでネ。
・すぐに必要なお金はつかわないようにしましょう。レートの上がり下がりが激しく換金であせると損するハメになります。

・当ブログは個人運営です。
当ブログの情報をもとにした行動での、いかなる損害も補償・保証いたしません。また情報の数値&条件情報は取材時点のものであり将来的に保証するものではありません。ご了承くださいませ。

11/13 リップル XRPのSBI上場はいつなのか

2017年の夏にSBIバーチャルカレンシーズで「リップルが取り扱いになる」と話題になってはや3か月。

かーーなーーりーーー のびのびになってますね(´・ω・)

私現在はリップルXRPをほとんど持ってません(過去記事を読んでもらうとわかるのですが40円代で高値掴みして損切りをくりかえし、手元にほぼゼロ)

なので売りあおりではなく、現在のリップル動向を客観的にまとめてみますね。

11/13 リップル価格は22.68円

2017年11月現在は21円~23円をいったりきたりしています。(BTC建てでは0.000028~0.000031)

今日は1円程度うわむきですね。 ビットコインがあがっているので、それにつられている部分もあります。

XRP、新しい取引所の予定は?

・SBIバーチャルカレンシーズ

初期はXRP見送りになると公式発表がありました。最初はビットコインオンリーにするとのこと。

twitter.com

twitter.com

今年はあと1か月半ですよね。2017年中に上場は厳しいんじゃないかな~と。来年2~3か月がメドじゃないかしら。

上がってんの~?下がってんの?みんなハッキリいっとけ~♪(あがってる!!)

・GMOコイン

現在、GMOコインではビットコインFXがすでにスタートしています。取引所でもXRPが取り扱われるんじゃないかと期待されています。

twitter.com

>>GMOコイン公式はこちら

+ + + XRPって扱いが多いようでいて、実はまだ少ないですよね。日本取引所ではコインチェック、ビットバンクくらいだし。

確定申告の円への利確もあるので、今年はこれからちょっぴりさがって、1月から徐々に上がっていくのではないかなと想像しています♪

ビットコインは一反さがってくれないと高すぎて買い増しする気持ちになれない(笑)

現在の私の損益(大失敗▲45万損)

最後に私の近況報告です♪
ハイ、かなり損してます てへ☆

今年5月のリップル42円掴みの損▲20万か~らの、一時プラス含み益40万になったのですが、ICO(KIN)に手をだして半額以下。

さらに昨夜のビットコインキャッシュ乱降下で▲3万、ビットコインのデイトレードで▲10万だしちゃいました。すいませんすいません Σ(ノд<)

(2日間で13万もすってしまった。 もうリッパなギャンブラーですがな)

勇気をだして計算したら、なんと、マイナス45万でしたああああああっ(もうヤケ)

(ICOの損を取り戻したくてあせってしまったようです。ICOが元値までもどってくれたら▲15万までおさまります)

自分がどうして損しちゃったのか、投資家さんの動画や本を読んで、自分スタイルを確立しないとダメですね。

どうも私は「事前に安値仕込んでおいて、高騰後に利確する」というスタイルがよいようです。

今回のビットコインキャッシュでは暴騰しているのをみてつい買ってしまいました(養分そのもの)。

ICOのような上場価格がきまっていないと損をするので、今までトレードしてきてチャートの動きをよく知っているXRP、XEM、BTCがいいんじゃないかなと。

100万現金があればXRPを21円で買って、30円で売れば(+42万円)一気に赤字解消ですし。

もしくは、1ビットコインを50万で買って88万で売れば+38万円だし。

暴落にそなえて「日本円のマイニング」、つまりお仕事がんばってお金つくります♪

Google Authenticator「認証コードが違います」取引所にログインできない!

Google Authenticatorでリップル取引所にログインできなくなったというお話です。

取引所では2段階認証がセキュリティ上必須ですよね。 2段階認証をおこなううえで必須なのがGoogle Authenticatorというアプリ。

Google Authenticator

時間ごとに数字が自動でうちだされ、ログインセキュリティが高くなる仕組みです。

コインチェック取引所に急にログインできなくなった

ある日コインチェックでログインするときに、いくら2段階認証の数字6ケタをうってもログインできなくなりました。

昨夜までは普通にログインできていたのにナゼ!?

アプリのトラブルかと思っていろいろ試しましたがムリ。
結局コインチェックのサポートに連絡してリセットしてもらったのですが、それでもコインチェックの管理画面で2段階認証を設定するとき。

そのときに再度、Google Authenticatorの2段階認証コードが違いますと出てしまって再設定ができずお手上げ状態でした( ;∀;)

取引所には30万円ほどおいてましたから無防備すぎて、そのままには出来ませんし…。

スマホの電源をオフにして入れなおしたら直った!

原因は「日付と時間」自動アップデート

結局、2段階認証でログインできなかった原因はスマホ(iPhone側)の「日付と時間」設定でした。

日付と時刻設定

事前にしらべていて「スマホ側の日付と時間設定を自動したらなおったよ」という情報はしっていました。ただ、私のスマホはすでに自動設定済み。

だからおかしいなあ~と本当にナゾで。

結局、日付設定が自動アップデートを勝手にされていて「きちんと設定されるためにはスマホ本体の電源を入れなおすしかない」というのが理由でした。

スマホ(iPhone・アイフォン)の電源をいれなおしたらなおった♪
こんなことなら、サポートに時間をかけて問い合わせすることもなかったわあ;;

1日バタバタして時間もったいなかったです。

注意!Google Authenticatorアプリを削除はよく考えて

ちなみに不具合があるからとGoogle Authenticatorアプリそのものを削除&再インストールしてしまうとQRコードすべて登録し直しになります。

国内取引所ならQRコードが無くなってもサポートできっちり対応してもらえますが、海外取引所だとサポート返事がかえってこなくて「ビットを残したままログインできないっ」と泣くハメに。

グループ内の男性はそれでビットトレックスとポロにはいっていた数万円分のビットコインをそのまま取り出せなくなってしまいました。

QRコードの控えがないなら、アプリ削除はやめましょう!

まとめ:Google Authenticatorトラブル

みなさんも、Google Authenticatorで「認証コードが違います」と出たら… コインチェックで2段階認証できた

(1)スマホ本体設定の「日付と時刻」がきちんと自動設定になっているか確認

(2)それでも直らなければ、自動設定を一度オフにしてから再度オン。その後本体の電源をおとして再起動する

私はこれでコインチェック取引所にログインできるようになりました。
やってみてくださいね(^^)/

XRPリップルの税金と確定申告まとめ2018

仮想通貨リップルの確定申告2017-2018をどうやったらよいか決まってきました。 確定申告

過去2017年5月以前までは下記のようなお話でした。

・仮想通貨同士の交換・売買だと税金がかからない
・仮想通貨(リップル含む)は譲渡所得だから60万まで税金がかからない
・ビットコインを円に現金化せず、そのまま物を買えば非課税。
・仮想通貨は「通貨」ではなく金と同じ「物」あつかい

などなどの予測がたてられていました(国税庁からちゃんとした指針がでていなかったため)

が!!!
同年9月にイロイロと国から新発表されまして、こまごまと方向がかわってきました。

確定申告と税金で新しく決定したこと

No.1524 ビットコインを使用することにより利益が生じた場合の課税関係 [平成29年4月1日現在法令等]

 ビットコインは、物品の購入等に使用できるものですが、このビットコインを使用することで生じた利益は、所得税の課税対象となります。

 このビットコインを使用することにより生じる損益(邦貨又は外貨との相対的な関係により認識される損益)は、事業所得等の各種所得の基因となる行為に付随して生じる場合を除き、原則として、雑所得に区分されます。

国税局タックス&アンサーよりhttps://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1524.htm

リップル・仮想通貨は雑所得で申告せよ

例外はあるものの、仮想通貨は「雑所得」で申告します。

雑所得と事業所得の大きな違いは「赤字を来年に繰り越せるかどうか」。

たとえば2017年度にリップルで▲200万損したとします。あなたの2017年度の所得(年収から控除をひいたもの)が100万円だったとします。

・事業所得の場合、2017年所得100万-▲200万(損)=▲100万円

→100万円の赤字は次年度2018の所得からも引くことができます。

・雑所得の場合、2017年所得100万-▲200万(損)=▲100万円

→100万円の赤字は次年度2018年の所得からは引けません。

リップルやアルトコイン同士の売買でも税金が掛かる

ここの解釈が一番大きくかわりましたね。

これまではビットコインを円に戻さないかぎり、非課税であるとビットコイナー達に思われてきました。

しかしそうじゃなかったんですね…。 日本円→ビットコイン→リップルのままで取引所においてあっても、リップルの時価総額を計算して税金をおさめなくてはいけないことに決定しました( ;∀;)

これで、損をしてまで仮想通貨のままでホールドしておく意味がまったくなくなってしまったわけです。

「税金がかかるから円に変えるのはよそう」と思っていた人もこれからは、どんどん円に戻していくことが考えられますね!

ビットコインでお買い物すると税金がかかる

ビットコインでお買い物できるようになってきましたね。

マルイとかビックカメラなど。ショッピングした瞬間にビットコインは「お金と同等の価値があるもの」に変わります。

なのでお買い物でビットコインに税金がかかることになりました。(買い物した日のレートが適用)

仮想通貨には分離課税がない

まだまだ仮想通貨=モノあつかい。

法定通貨(ドルや円)、株、通貨FXであれば特定口座というものをつくれば税金は最大20%しかとられません(分離課税)

でも、仮想通貨はあくまでもモノなので、この分離課税がつかえないんですよね。所得が1000万以上の方は税金で約4-5割もっていかれちゃう計算です(;;)

1000万リップルでかせいでも、確定申告したら税金500万おさめないとダメなのです|д゚)

確定申告のよくある質問Q&A

Q:これまで一度もリップルの利益を確定申告したことがありません。したほうがよいですか?

A:誰に相談しても「したほうがよい」と言われるでしょうね(笑) おおやけに脱税をすすめる人はいないでしょうから。

ただ実際問題として1万円の利益に税務調査がはいってバレルということはほぼ無いと思います(個人的意見!)

くわしくは税理士ブロガーさんがきちんと答えてくださっているので参考にどうぞ。

確定申告しやすい取引所はこちら

これからは、確定申告するにあたって、取引履歴が見やすくて簡単にダウンロードできる取引所がよいですよね(^^)/

>>リップル取引所ランキングはこちら

リップル取引所「リップルトレードジャパン」預り金詐欺タイホ!1700万円被害

リップル取引所「リップルトレードジャパン」が詐欺容疑で2017年10月18日タイホされました。 「第二のマウントゴックスやん!」と仮想通貨業界騒然です(^^;)

第二のマウントゴックス、リップル詐欺
朝日新聞朝刊より

仮想通貨リップルは詐欺じゃありません!

新聞の見出しをみると「仮想通貨リップル 預り金詐欺容疑・40人超 1700万円被害か」となってます。これをみると「リップルが詐欺ってたんか~」って思う方もいますよね。

今回の預り金事件はリップルコイン自体は関係なくて、リップルコインを取り扱っていた「リップルトレードジャパン」取引所が預かっていたリップルを盗んだ、払い戻しをしなかったという事件です。

リップルトレードジャパン預り金 詐欺事件

事件をしらないかたのために事件内容もかいておきますね。

・仮想通貨リップルの取引をめぐって預り金をだましとったとして警視庁は18日、取引所リップルトレードジャパン(浜松市中区)経営の竹中優樹容疑者(31歳・京都市山科区)を詐欺容疑で逮捕した。

・2015年3月 払い戻しの見込みがないのにリップルと交換できるとする「IOU(電子借用証書)を発行。宮城県の41歳男性からあずかった140万円をだましとったという容疑内容。

・リップルトレードジャパンは2014年5月設立。ところが、ユーザーからあずかったお金は遊びやギャンブル投資に流用してしまい、2015年3月にはすでに破たん状態だった。

・同様の手口ですくなくとも40人以上から約1700万円以上だましとったとみられている。

リップルトレードジャパンはあからさまにおかしかった

私は初めてしった取引所だったので、公式サイトやツイッターみてきました。公式サイトはすでに閉鎖で影もかたちもありません。

公式ツイッターに関しても、おかしな発言ばかりです(^^;)

▼2014年当時の公式ツイッター内容

ちゃんと常識と照らし合わせれば、こんな発言をする人が運営する取引所ってヤバイんじゃないのか?と分かると思いますよ。

リップルコインについてのおさらい

リップルはアメリカのリップル社が開発にかかわった仮想通貨。2017年10月18日現在の時価総額は第三位(ビットコイン10兆円、イーサリアム3兆円)

リップル暴落しているので買い増しチャンス?

ただいま事件の影響なのかめちゃめちゃ価格さがってますね。
でも、今回の詐欺にリップルコイン自体は関係ありません!

あと2015年は取引所に規制がなかったため、今回のような事件がありますが、2017年10月からは国からの規制がきっちりはいっています。

ですからコインチェックといった大手取引所をつかえば詐欺られる心配はないですよ!安心してくださいね。

リップルは今年中にあたらしくSBIバーチャルカレンシーズがとりあつかいをスタートするのでは?と話題になっています(のびのびになってますが…)。

暴落している今がリップルをかうチャンスだともいえます。そこは自己責任です!! 私は手元にビットコインがあればリップル買い増ししています。が、実はわたしICO(IXTとTNT)で損しちゃって…えーん(;;)資金不足ですわ…

ちなみに私がメインでつかっているリップル取引所はコインチェックです♪
>>リップル取引所ランキングはこちら

与沢翼氏がリップル1億円を買った!動画まとめ

「秒速で稼ぐ」がキャッチフレーズの与沢翼(よざわつばさ)氏がXRP(リップル)を1億円買ったと話題です。

f:id:virtual-currency:20170911142300j:plain

1億かったとユーチューブ動画で発表したのが2017年9月6日になります。

1億ドーンと買ったわりに、まったくXRP値段あがってないな?とおもってましたら、相場が上がらないように小分けにして買っていた様子(ナルホドー!)

与沢翼氏の動画内容まとめ

私ももっているリップルをなぜ大量に買い占めたのかきになったので動画見てみました。

▼こちらの約1時間動画を、簡単にサクッとまとめまてみましたよ(^^)

・動画でつかっているメイン資料はSBIホールディングスが2017年7月27日付で作成した資料です。ネット公開されています。

>>2018年3月期 第1四半期SBIホールディングス株式会社決算説明会

・リップル億円分かったよ

・与沢氏はビットコインとリップルしかもってない

※以下、仮想通貨としてのリップルは「XRP」、会社や送金サービスとしては「リップル」と表記します

■与沢翼がXRPを買った理由

・マイニングがない(送付が早い)

以下、SBI資料より説明。

・SBIレミット(日本)←→タイ大手・サイアム商業銀行(タイ)との間でリップル・ソリューションを使って送金サービス先行開始。日本国内にタイ人が4万人いるので需要大。

・米国連邦準備銀行が「リップルが次世代国際送金の土台となることができる」と言及

・日本から海外送金するときに約4%が失敗してしまう。理由は多くの銀行を経由してしまい迷子になるから。現在の海外送金は届かない心配、手数料が高い、日をまたぐので為替損益がでてしまう問題がある。XRPを含むILPはこの問題を解決してくれる(手数料数円・4秒で届く)。

・SBIはビットフライヤーの株主

■XRPの不安・懸念

・XRPはリップル社に依存している。リップル社=健全っていう理由でなりたっている仮想通貨である。

・リップル社がXRPの6割を保有している

■その他

・仮想通貨を信じているが、アルトコイン分散投資はしない。ビットコインとXRP(リップル)のみに注力。まさにパフェット理論「信用している銘柄だけをもて」

・ビットコインが一番値動きが少ない(安定している)

・リスク、ダッシュ、モネロは人気。下落してもすぐに戻るし価格上下して楽しい。しかし「期待値」だけで上がっているのでは? 実際にどこにもつかわれていないし予定もない。

(管理人コメント:ダッシュはオーストラリア郵便局で購入可能で使用できます。与沢氏は知らないのかな)

・ビットコインが下がったら買増しするかも

・ネムについて。ファンもいるしマイニングもないしイィとおもう。

・非中央集権 VS 中央集権 どっちが強いか?
日本国や日本財閥がどうでてくるかを考えないといけない(現在はどちらも関与していない)。非中央集権(ビットコイン)が幅をきかせてくると、銀行を脅かすようなシステムはおそらく大手財閥・銀行・国が黙っていないと思う。

・与沢氏は「リップルを信じる=アメリカを信じる」というスタンス

・マイナーは儲かればいいというスタンスのはず。送金コストで考えると「非中央集権<中央集権」

・モネロ社長談「今はマイニング=ゴールドラッシュ。これからマイニング工場がつぶれてくるだろう」これを聞いて、与沢氏はXRPのほうがいいだろうという

・最も上場に近いコイン=リップルだと思っている。

・これからXRP=16円の底をうって(与沢氏も)含み損になる可能性はある。ただ価格は戻ってくると信じている。時間との闘い(すぐ1~2年すぐ上がるとは考えていない)

・方針としてXRP1億は長期保有

・ICOは参加しない(プロダクトがないICO資金調達に参加したくない。いいものには参加するかも?)

・XRP(リップル)はハードウォレットに入れて放置します

・仮想通貨のほとんどは妄想。パフェット流にいえば「事実だけを積み上げて投資したほうがいい」。上場コインの99%は妄想。ただトレーディングめちゃめちゃ面白い。NEOの暴落からの暴騰はすごかった。

私の感想まとめ:リップル1億円動画

与沢翼氏といえば「秒速で稼ぐ」という本を出し、高額な情報商材やセミナーで日本で荒稼ぎをしたあとに会社倒産&自己破産。その後海外に引っ越しして今はドバイ在住です。ドバイでも高額ネットサロンを主催しセレブ生活を満喫しているようです。

現在は結婚して子供も生まれています(動画ラストで子供の声が背後でしていたのは微笑ましかったw)

私は与沢翼の支持者ではありません!

ハッキリいいまして私は与沢氏のことをこころよくはおもっていません(私の本業もWEB業界です)。 ネット業界でまっうに仕事されている方で彼を支持している方はしりません。 それくらい評判よくない…いろいろと噂が絶えない方です。

ただ、 今回の動画に関しては私が見た限りしごくまっとうでした。 「そんなことはちょっと調べれば誰でも分かるわ」ってツッコミがはいりそうなごくごく正しいコトしかのべていませんので安心して見てください。

与沢氏の主張はコロコロ変わっています

与沢翼氏は「リップル1億分買ってハードウォレットに数年おいとくぜ」と言っていますが、彼はいう事がコロコロとかわります。 実際「ホールドしつづける」といっていたファクトムを速攻売っていますし。

投資は自己責任でたのしんでくださいね(^^)/

(注意)
本当は全部書き起こそうかとおもったのですが動画があまりにも長かったので、私の独断偏見でポイントだけまとめています。 与沢翼氏の動向をくわしく知りたいかたは直接動画みてくださいね。

無料でわかる!リップルコイン

リップルコイン(RIPPLE XRP)がよくわかる無料サイトをご紹介します。

私のような仮想通貨初心者さん、技術的な素人さんにもわかりやすい、イラストや漫画がはいっているものをえらびました。

よいものがあれば随時更新していきますね♪

「リップルとは?」イラスト漫画

「今回紹介するのはリップル・XRPです。リップルとは?XRPとは? 説明してみます。」

作者BKさんによる、ほんわかイラストの4コマ風漫画。途中文字がおおくなりますがとってもわかりやすく、リップルの仕組みやなぜ評価されているのかがよくわかります。

作者BKさんもリップル保持者(リップラー)のようです^^